ラスベガスのバッフェ

ラスベガスの最新バッフェ。Wicked Spoon Buffet(ウィキッド・スプーン・バッフェ)at コスモポリタン

 ラスベガスでの食の楽しみと言えば、各ホテルの名物バッフェ。ラスベガスストリップのホテルには殆どバッフェ・レストランが設けられており、色々なテーマのもと多種多様の料理を楽しめるとあり大人気。先日の12月15日にオープンしたばかりのコスモポリタン・オブ・ラスベガスにもWicked Spoon Buffetというバッフェレストランが出店している。

 ホテルのカジノフロアーからエスカレーターを上った2階にあるのが今回ご紹介するWicked Spoon Buffet。お店はオレンジを強調したモダンな作りになっており、お店の入り口には大きなスプーンをぶら下げたサインボードがあるので分かりやすい。入店の際に料金を払うと案内係の人が席まで案内してくれるシステムはその他のバッフェとも変わりないが、オープン直後と言う事もありイマイチ手順がスムーズではない・・・
 店内にはシャンデリアや大き目のソファーが設けられていたり、高級感を演出した今までのバッフェとは少し違った作りになっている。席に座ってからは直ぐにサーバーが飲み物を聞きに来てくれるはずが・・・こちらもまだ手馴れていないせいなのか、なかなかオーダーを取りに着てくれない。至るところに工夫がされており、サーバーが持ってきてくれるお水もテーブル毎に大き目のガラス製ボトルに入れられているものを用意してくれる。そして席でコップに注いでくれるのだが・・・この様なサービスが回転率を悪くし、サービスが遅い原因かもしれない。

 気になる料理の方もオリジナルティーのある品物が並んでおり、他のバッフェとは一線を画している。”ルッコラのサラダ”や”リゾット”、”豚肉の赤ワイン煮”などなどバッフェには珍しい品物が並んでいて、更には小さなお皿やスキレット、鉄板などに予め盛り付けられているのでなんともお洒落。自らのお皿に取り分けると小皿やスキレット自体が若干邪魔になってしまい、一度に沢山の料理を盛ることができず、往復作業が増えてしまうのはしょうがないのかもしれない。それぞれの料理の手前には料理の説明が書きがされているので、勿論英語ではあるがちょっとした心遣いも嬉しい。サラダやフルーツ類なども充実しており、アメリカのバッフェでは当たり前となっている”肉”重視の陳列でないのが日本人には嬉しい。それでも、プライムリブやステーキ、ポークグリルなどは数種類用意されているのでお肉が好きな人も満足出来る。

 ジャンル的にはギリシャ料理、イタリアンのピザやパスタ、シチューの様なフランス料理、マッシュポテトやステーキといったオーソドックスなアメリカン料理と取り揃えられているのでバランスがいい。そして中華、日本食にも力を入れており蒸篭にシュウマイや小籠包、お鮨はカウンターが設けられており手巻きや簡単な物ならばその場で作ってくれる。勿論、ロールも数種類用意されており握りも生のキハダマグロやはまちなど2,3種類用意されている。お鮨や、ロールを握っているのが日本人ではなく現地のアメリカ人やアジア系の人間なので過度の期待は禁物だが、バッフェのお鮨としては決して悪くない。

 デザートにも工夫がされており、他のバッフェではなかなか見ないようなものが数点揃えられている。デザートの種類こそ豊富とは言い難く、ケーキは5,6種類しか取り揃えられていないがそれを補うのがアイスクリームの種類。アイスクリームは8種類以上もあり、ティラミス、コーヒー、ピスタチオ、キーライム、ラズベリーなどなど・・・どれも滑らかな口当たりでとても美味しい。日本人からすると若干甘さがきつく感じてしまうかもしれないが、アメリカのアイスクリームとしては合格点。アイスクリームの隣には、ブルーベリーやクランベリーなど生フルーツが用意されているので、自らトッピングを出来る。
 小ぶりのリンゴやイチゴにチョコレートがコーティングされた物なども、他のバッフェではあまり見ることが出来ない。イチゴとチョコレートの食べ合わせが美味しくないはずもなく、これらも無難に美味しい。デザートは全体的にみても種類が少なく、アイスクリームこそ多種揃えられているもののケーキを沢山楽しみたいという人には物足りないかもしれない。

 全体的に料理の品数は決して多い方ではなく、あくまでもアベレージ程度ではあるが、一品一品に工夫がされているのが高評価。味付けに関しては全体的に若干塩気が強い気がするものの、許容範囲内。薄味の方が沢山の料理を食べる事が出来るだけに、その辺はお店側が考えているのかもしれない?!勿論、あくまでも憶測・・・

 まだまだオープンして1週間も経っていないので、改善点を挙げればキリがないが総合的には満足の出来るバッフェ。今後、サービスの向上などを考えると今後も目を話せない注目のバッフェである事は間違いない。金額もディナーで$27程とWynnなどに比べると安くコストパフォーマンスを考えるとお勧めのバッフェ。
 

店名: Wicked Spoon Buffet
ウィキッド・スプーン・バッフェ
ホテル: Cosmopolitan of Las Vegas
コスモポリタン・オブ・ラスベガス
場所: コスモポリタン・オブ・ラスベガス
2階
住所: 3708 Las Vegas Boulevard South
Las Vegas, NV 89109
Tel: (702)698-7000
営業時間: ブランチ:月曜-金曜8:00am-2:00pm
週末ブランチ:土曜・日曜8:00am-3:00pm
ディナー:日曜-木曜5:00pm-9:00pm
週末ディナー:金曜・土曜5:00pm-10:00pm
料金: ブランチ:$22.00
週末ブランチ:$29.00
ディナー:$35.00
品数: ★★★★
味: ★★★★
金額: $$$
雰囲気: ★★★★
総合点: ★★★★
(評価は5つ★満点)
コメント: 新しい工夫が嬉しいバッフェ

ラスベガス大自然ツアー Tours

ラスベガス市内観光ツアー Attractions

ラスベガス情報 Guide