ラスベガス エンターテイメント情報

2002年よりラスベガスで公演され、”O/オー”と並んで人気のあるシルクドゥソレイユの作品”KA/カー”。そんなカーに2009年より出演している日本人パフォーマー高見 亜梨彩さんの独占インタビュー。

 今や押しも押されぬ人気を誇るシルクドゥソレイユ。現在ラスベガスでは7公演が行われ、世界中からトップアスリートが集う世界一のサーカス集団として世界中の観客を魅了している彼ら。そんなシルクドゥソレイユの演目の中でも圧倒的な規模を誇り、総工費200億円を超えると言われる専用劇場は数あるシルクドゥソレイユの作品の中でも群を抜いている。そんなカーにて2009年より準主役であるダイアナ役を含め6つの役を演じている日本人パフォーマー高見 亜梨彩さんに忙しい合間を縫ってインタビュー答えて頂き、彼女の目標でもあったシルクドゥソレイユでのパフォーマンス、さらには出演者からみたカーの魅力をお話頂きました。

シルクドゥソレイユでパフォーマンスを始めたきっかっけは何だったんですか?
 亜梨彩:小さい頃からバトンをやっていたんですが、バトンの競技者としてひと段落した2007年にオーディションのお話を頂いたのをきっかけにオーディションを受け、それから2年間は具体的な話がなかったのですが・・・2009年に入って急に「では、ラスベガスに来てください」と・・・連絡を頂いてからはあっというまでした。

バトンはどの位されていたんですか?
 亜梨彩:母親がバトンスクールを主宰しているので、2歳の頃には既にバトンを始めて小学校の頃には色々な大会にも出場するようになっていました。

シルクドゥソレイユから連絡があった時はどんな気持ちでしたか?
 亜梨彩:やはりすごく世界的にも有名な集団ですし、私もシルクドゥソレイユの作品が大好きで個人的には何度も見に行ったり憧れの様なものを抱いていたので、初めてお話を頂いたときは、夢かイタズラじゃないかなぁ・・・と半信半疑だったんです。本当に夢が叶ったというか、うれしかったですね。

シルクドゥソレイユでの一番のチャレンジは?
 亜梨彩:海外での生活も勿論そうですし、全てがチャレンジですね。劇中ではバトン以外の今までやった事のない演技も学ばなくてはいけなかったり、バトンの大会の場合は結局自分が失敗しても自分だけの責任ですみますけどやっぱり2000人のお客さんを前にして皆でひとつの作品を作るプレッシャーなんかも全然違ったり、また大会とは違う緊張をいまでもしますよ。

シルクドゥソレイユには色々な国の人がいますが、コミュニケーションに苦労する事は?
 亜梨彩:基本的な会話はすべて英語なのですが、皆それぞれに訛りがあったり、私も初めからぺらぺら喋れた訳でもなくて、初めは緊張もしてるし思ってる事も伝えられなかったり・・・大変でしたよ。後は慣れですね。

KAでは今いくつの役柄を演じているんですか?
 亜梨彩:今はダイアナと言うメインキャストを含めて、スペアウーマン、フォレスト・・・・全部で・・・5つ・・・6つくらいですね(笑)。

一日のスケジュールはどんな感じなんですか?
 亜梨彩:最初のショーが始まるのが7PMで、9:30PMからもう一つ公演があるので、終わってからうちに帰って夕食をしてるといつも寝るのは3AMとか5AMとか朝方ですね。起きるのもお昼頃なので、それから軽く食事をとって5PM頃には劇場に入ってメイクアップしたりウォーミングアップをしたりしながら出番を待っています。特別なリハーサルなどがある時はもっと早くに入って練習したり、トレーニングしたりする事もありますね。

『KA』は日本人の方にも大変人気ですが、舞台からでも日本人の方は分りますか?
 亜梨彩:(笑)はいっ。確認出来ますよ。やっぱり日本人の方に観て来て頂いているって思うとうれしいですよ。

日本人の方へ『KA』の見所とメッセージを御願いします。
 亜梨彩:劇場に入った途端に現実を忘れられるような空間になっていて、吸い込まれるような。舞台が垂直になったりする舞台装置とか他の作品と比べてストーリー性が高いところが『KA』の見所でもあり、ラスベガスでしか見られない作品なので是非観に来て頂けるとうれしいです。

亜梨彩さんの今後の夢を教えてください。
 亜梨彩:日々の経験で得たものを活かして常に少しでも上を上を目指してパフォーマンスしていきたいです。マイナスな事も自分を成長させてくれるツールだという気持ちで常に、成長、前進ですね!

   

プロフィール 高見 亜梨彩
1978年 大阪生まれ。2歳の頃より母親が主催するバトンスクールにてバトンを始め、以後全日本選手権での優勝や世界選手権などで活躍。2009年より世界的なサーカス集団シルクドゥソレイユの一員としてラスベガス公演中の『KA』に出演、準主役ダイアナ役を含め週5日、一日2回の公演にて活躍中
ブログ http://blog.goo.ne.jp/arisa-takami0215
マリ・バトンスクール http://www.maribaton.com
出演中のカー: http://ptsjapan.com/show-ticket/disount-show-ticket/376-ka-lasvegas.html