レジャースポット

 今年2017年1月にラスベガスに新たに開設された通りの名前はなんとエルビス・プレスリー・ブールバード。

 

 今もなおキング・オブ・ロックンロールとしてお語り継がれるレジェンド、エルビス・プレスリー。今年2017年はエルビス・プレスリーが亡くなってから丸40年のメモリアルイヤーでもあり、そんな死後40年が経った今でも世界中に多くのファンを持ち、世代を超えて愛される世紀のスーパースター。そんなエルビスとラスベガスは切っても切れない関係にあり、フランク・シナトラと並びラスベガス創世記にラスベガスで活躍し、ラスベガスを一躍有名にしたのもそんな彼らの功績なのかもしれない。

 ダウンタウンのカジノから始まり、1940年代後期に現在のストリップにフラミンゴホテルが建設されて以降、大型カジノホテルの建設ラッシュが始まり、90年代にスティーブ・ウィンがミラージュやトレジャーアイランド、ベラージオなどの大型アトラクションホテルを連立し、現在のエンターテイメントシティーとしての地位を築き上げたラスベガス。そんなラスベガスの創設期を支えたエルビス・プレスリーがついにラスベガスの通りの名前として使用された。エルビスの生まれ故郷でもあるテネシー州メンフィスには既に地元の英雄を称え生前よりエルビス・プレスリー・ブールバードが存在するがラスベガスにも新たにエルビスに関する名所が加わった。

 2015年まで営業していたリビエラホテルの取り壊しが始まり、ホテルの跡地にはラスベガス観光局によって新しいコンベンションセンターの建設が予定されているが、そんな旧リビエラホテルの南側、ストリップ大通りのサーカスサーカスホテル正面から東側パラダイス通りにあるウエストゲートホテルまでをつなぐおよそ500メートルの通りが2017年1月よりエルビス・プレスリー・ブールバードと改名された。以前はリビエラ・ブールバードとされていたが、リビエラホテルの取り壊しに伴い新たな名前を探していたラスベガス市がここぞというタイミングでエルビス・プレスリーに白羽の矢を立てた。

 まだシーザーズパレスもウィンもベラージオといった高級ホテルも存在していない60年代にはフラミンゴと並びヒルトンホテルがラスベガスきっての高級ホテルとして知られており、エルビス・プレスリーもこのヒルトンホテルにてコンサートを行うなどまさにエルビス・プレスリーの館として一時代を築いたヒルトン・ラスベガスはその後2012年1月にはLas Vegas Hotel & Casino。そして2014年7月には現在のWestgate Las Vegasとなった。今回リビエラブールバードが新たにエルビス・プレスリー・ブールバードと改名されたのには、エルビスが往年活躍した旧ラスベガス・ヒルトンの目と鼻の先にあり、ホテルへと続いている通りだという事も大きな理由だろう。現在でも旧ラスベガス・ヒルトンであるWestgate Las Vegasには英雄を称えるエルビス・プレスリーの銅像が建てられており、その銅像の目は数百メートル先のエルビス・プレスリー・ブールバードを見つめている。ファンにとってはたまらない、ラスベガスに来たら一度は寄りたいと思うそんな観光スポットがまた一つラスベガスに加わった。

 
     
名称 Elvis Presley Blvd.
エルビス・プレスリー・ブールバード
住所 1-400 Elvis Presley Blvd.
LAS VEGAS, NV 89109
地図