公園の情報

ラスベガス発のグランドキャニオン飛行機ツアーを運行しているビジョン航空とシーニック航空の比較

 

 飛行機で行くグランドキャニオン国立公園日帰りツアーはラスベガス発のオプショナルツアーの中でも最も人気のあるツアーの一つです。現在ラスベガスからは主にVision航空とScenic航空の2つの航空会社がグランドキャニオン便を就航していますが、各社の特徴をご説明します。

 ラスベガスから手軽にいける国立公園として有名なグランドキャニオン。世界中から年間に400万人もの観光客が訪れる最も有名な世界遺産でもありますが、グランドキャニオンと言っても国立公園に選定されているのは通称サウスリム(南壁)とノースリム(北壁)よばれるエリアです。

 その他にもスカイウォークで有名なウエストリム(西壁)などがありますが、サウスリムからウエストリムまでは260キロほどの距離があり1日で両方を観光するのは困難です。(グランドキャニオン・ウエストリムへのツアーをご希望の方はこちら)また、同じグランドキャニオン国立公園にあたるノースリムも直線距離では15キロほどですが、渓谷をぐるっと遠回りして渡る必要がありサウスリムからは400キロ程も移動しなくてはならないため、一般的に広くグランドキャニオン国立公園と言われているのはサウスリムを指している場合が殆どです。

 ビジョン航空とシーニック航空の日本人ガイドが同行するグランドキャニオン日帰りツアーの行き先もこちらのサウスリムになります。料金が違う2つの航空会社ですが、参加されるお客様によってニーズも変わってきますので2つの航空会社の違いを簡単に説明致します。


 ビジョン航空はラスベガスストリップより北に車で15分ほど離れた所にあるNorth Las Vegas Airport(北ラスベガス空港)に拠点を置き、殆どの運行はこちらの北ラスベガス空港より行っています。2011年6月より一部を国際線の運航などを行っているマッキャラン国際空港から行っておりましたが、グランドキャニオン空港が警備上の理由によりボーイングなどの大型機の着陸を認めない方針となり、2015年6月現在では殆どの運行を北ラスベガス空港へ戻しています。

 100名を超えるような団体のお客様の場合には136名乗りのボーイング737を使用しマッキャラン国際空港よりグランドキャニオンへ向けて運行するなど特例も御座いますが、それ以外は全て30名乗りのDornier328(ドルネア328)、または19名乗りのDornier228(ドルネア228)という機体を利用しています。機体に関してはシーニック航空のものより、ビジョン航空のものの方が比較的新しいために揺れが少ないとの評判です。飛行時間はグランドキャニオンまで凡そ45分ほどで、グランドキャニオンに到着後は専用のバスに乗り換え園内を観光します。

 園内ではブライドエンジェルとマーサー・ポイントの2箇所を凡そ2時間かけて観光し日本人ガイドによる説明も勿論あります。レストランでの昼食は含まれていませんが、ラスベガスにて飛行機に搭乗される際、またはグランドキャニオン到着後にサンドウィッチなどが入ったランチボックスをお渡ししていますのでお時間のある時にお召し上がり戴けます。

 ビジョン航空のグランドキャニオン国立公園便は通常の場合1日に1便(10:00AM便)の運行を行っておりますが、こちらの便が満席の場合には6:45AMと12:15PMの臨時便が運行する事がございます。こちらの臨時便はあくまでも満席時のみの対応ですので通常の時間帯は10:00AM便となっております。

 シーニック航空はラスベガスストリップより南西へ車で30分ほどのところにあるBoulder City Airport(ボルダーシティー空港)に拠点を構えており、全ての運行はこちらのボルダーシティー空港から行われています。ノースラスベガス空港、マッキャラン国際空港と比べると遠くにあるため移動の時間が若干長くなってしまうデメリットがありますが、ラスベガスから車で30分程です。

 シーニック航空ではグランドキャニオン・サウスリムの日帰りツアー用に常時19名乗りのツインオッター・ビスタライナーという機体を使用し、グランドキャニオンについてからはビジョン航空同様に専用のバスにて観光スポットへ移動します。ビジョン航空で使用しているドルネアに比べるとコンパクトなデザインになっているので、ゆれを感じやすいとも言われていますがフライトの時間帯や天候によるものが大きく関係してきます。遊覧飛行などに適している機体ですので、機内から景色を良くご覧いただけるという利点もあります。また、窓が大きめに作られている点も眼下の景色を見渡すには最適です。ラスベガスからの行きの便では飛行時間約1時間15分程を予定し、遊覧飛行をおこないながらグランドキャニオンへと向かいます。グランドキャニオンからの帰りの便は飛行時間約1時間程ですが、やはり天候などによっても異なりますのであくまでも目安です。

 こちらも食事はランチボックスがツアー代金に含まれ、グランドキャニオンではブライトエンジェルとマーサー・ポイントの2箇所に立ち寄り、日本人のガイドが同行する点もビジョン航空と同じです。ビジョン航空が通常1日2便の運航を行っているのに対し、シーニック航空では6:15AM, 9:15AM, 12:30PMの3便の運行を常時行っています。6:15AMのフライトには必ず日本人ガイドが同行していますが、その他の2便に関してはご参加される日本人のお客様が4名様以上の時に限り日本人のガイドが同行することになっています。しかしながら、殆どの場合4名様以上の日本人の方がご参加されていますので、日本人ガイドが同行している可能性は高くなっております(お申し込みの際にご確認ください)。

 ビジョン航空とシーニック航空は拠点にしている空港や使用している飛行機、時間帯に違いがありますがツアーで巡る観光ポイントや日本人ガイドが同行する点など共通な点も多く共に日本人観光客の方に満足いただけるサービスを提供しております。ビジョン航空とシーニック航空ともに日本人のスタッフが業務についているので、万が一の際には日本人の担当者が電話対応やツアー後のトラブルなどにも迅速に対応しています。

 現在ラスベガスからグランドキャニオン国立公園への運行を行っている航空会社はビジョン航空とシーニック航空の他にMarverick航空(マーベリック航空)がありますが、英語圏の方をメインに取り扱っている航空会社なので弊社での取り扱いは行っていません。

 
航空会社 Vision Airline
ビジョン航空
空港 North Las Vegas Airport
北ラスベガス空港
住所 2705 Airport Dr.
North Las Vegas, NV,89032
ツアー料金 $290/1名様
運行便 6:45AM (臨時便)
10:00AM
12:15PM(臨時便)
定休日 なし
機体 ドルネア328 30名乗り
ドルネア228 19名乗り
観光ポイント マーサー・ポイント
ブライトエンジェル
日本語ガイド あり
食事 ランチボックス
子供料金 なし
燃料費 なし
日本語ガイド あり
支払い方法 事前クレジットカードのみ
対応クレジットカード ビザ
マスター
アメリカンエクスプレス
JCB
ホテル送迎 ストリップ、ダウンタウンの主要ホテルは無料送迎あり
ツアーページ http://ptsjapan.com/grand-canyon/36-lasvegas-grandcanyon-ariplane.html


航空会社 Scenic Airline
シーニック航空
空港 Boulder City Airport
ボルダーシティー空港
住所 1201 Airport Rd.
Boulder City, NV,89005
ツアー料金 $310~/1名様
運行便 6:15AM
9:15AM
12:30PM
定休日 なし
週7日間運行
機体 ツインオッター・ビスタライナー 19名乗り
観光ポイント マーサー・ポイント
ブライトエンジェル
日本語ガイド あり
食事 ランチボックス
子供料金 なし
燃料費 なし
日本語ガイド あり
対応クレジットカード ビザ
マスター
アメリカンエクスプレス
JCB
ホテル送迎 ストリップ、ダウンタウンの主要ホテルは無料送迎あり
ツアーページ http://ptsjapan.com/grand-canyon/583-grandcanyonscenic.html

ラスベガス大自然ツアー Tours

ラスベガス市内観光ツアー Attractions

ラスベガス情報 Guide