ラスベガスのバッフェ

日本で「バイキング」や「ビュッフェ」と呼ばれる食べ放題。アメリカでは「バッフェ」と発音し、ラスベガスではどこのホテルにもバッフェスタイルのレストランがあるほどラスベガスの名物のひとつ。

The Buffet/ザ・バッフェ (ウィン)

ウィン・ラスベガスのバッフェレストラン”THE BUFFET”

The Buffet/ザ・バッフェ (ウィン)

ウィン・ラスベガスのバッフェレストラン”THE BUFFET”

 数あるラスベガスのバッフェの中でも必ず上位に推薦されるのがウィンホテルにあるここ”THE BUFFET”。
ラスベガスのホテルのバッフェの中でも取り揃えがよく、日本食、タイ料理、中華料理といったアジア系からカレーなどのインド料理や中東料理、そしてイタリアンとディッシュの幅が広い事も人気の理由。
特にイタリアンの取り揃えはよく、フェットチーニ(太麺パスタ)やニョッキなど数種類のパスタとピザも4種類ほど揃っている。
 鰯の酢漬けやスモークサーモンと言った生ものを取り揃えており、野菜のディッシュも多いのでバランスがいい。
小さなグラスに盛り付けられた数種類のサラダはどれも見た目も味もよく、上品さがある。
 日本食はモダンなお寿司とロールが3,4種類、中華料理は海老とニラのシュウマイや肉まん等の飲茶も置いてあるがコレといって記憶に残る味ではなく、アメリカ人の好みに合わせた味付けに仕上がっている。

 どのディッシュも若干日本人にとっては味付けが濃く、沢山食べるのは難しいかもしれない。

 デザート類も豊富に揃っており15種類ほどのケーキやタルトが並んでいる。
砂糖を使用していないシュガーフリーのケーキやパイなども5種類ほどあり、日本人にはこちらの甘さ控えめが丁度いい。
6種類のジェラートも用意されており、コーヒーのジェラートはコーヒーの香りが濃く残っており、且つ甘さ控えめでお勧め。
その日によりジェラートの種類も変わるが、コーヒー、ストロベリーやキャラメルなどは特にお勧め。

 ラスベガスのバッフェの中でも最も高額な割りには、一つ一つの味に物足りなさを感じる。
金額的にも、新しいARIAホテルのバッフェの方が高評価。

店名: The Buffet
ザ・バフェッ
ホテル: Wynn
ウィン
場所: 1階カジノフロアー
住所: 3131 Las Vegas Blvd. South
Las Vegas, NV 89109
Tel: (888)320-711
営業時間: 朝食:月曜―金曜8am-11am
ランチ:月曜―金曜11am-3pm
ディナー:日曜―木曜3:30pm-10pm
金曜-土曜3:30pm-10:30pm
ブランチ:土曜-日曜8am-3pm
料金: 朝食:$19.95
ランチ:$22.95
ディナー:日曜―木曜$34.95
金曜-土曜$38.95
ブランチ:$31.95
品数: ★★★
味: ★★★★★
金額: $$$$
雰囲気: ★★★★
総合点: ★★★★
(評価は5つ★満点)
コメント: 料金が高く、味も良いが当然と言えば当然

Printer Mail
Array

Studio B/スダジオ・ビー (エムリゾート)

バッフェ at M Resort

Studio B/スダジオ・ビー (エムリゾート)

バッフェ at M Resort

 ラスベガスと言えばカジノ、エンターテイメント、そしてなんと言ってもバッフェ。
バッフェとは日本語で言うところのビュッフェ。バイキング形式の食事の事。
ラスベガスの主要カジノにはこのバッフェ・レストランが併設されており、それぞれオリジナルティのあるバッフェで集客を行っている、カジノのもう一つの目玉。

 その中でも人気、実力共にナンバー1の呼び声高いのが今回紹介するM Resortにあるバッフェ・レストラン。
M Resort・・・・?
聞いた事の無い人も少なくないはず。
それもそのはず、殆どの主要ホテルが立ち並ぶラスベガス・ブルーバド(ストリップ)のホテルではなく、ラスベガス・ストリップから車で凡そ15分ほどのところにあるラスベガスに住む現地の人をターゲットにした高級ホテルなのだ。
ホテルがオープンして凡そ1年。
現地の人だけではなく、観光客もわざわざラスベガス・ストリップから訪れるほどの人気ホテル。
その目玉がなんといってもこのバッフェである事は間違いない。

 タイ料理や日本食の種類も豊富なのでヘルシーなディッシュを選ぶ事が出来るのが嬉しい。
そして骨付きカルビやバッフェではお馴染みのスペアリブやローストビーフなど肉類も多種揃っている。
ピザは専用の釜が用意されており、随時新しいピザがその場で焼かれ提供され、そしてどれも旨い。バッフェなのでお店が混雑していれば、それだけ品物の回転が速く作りたてを味わう事が出来る。
デザートの種類も豊富、且つしつこくないサッパリとした甘さ控えめなので全種類を試してみたくはなるが・・・
アイスクリームだけでも10種類ほどを常備しており、選ぶのにも苦労する程。ラスベガスのバッフェでラム・レーズンのアイスクリームがあるのはここだけではないだろうか。
その他にも、マンゴー、バナナ、コーヒーなど品揃えも味も良し。

 そしてなんと言っても驚きなのが、アルコール類の飲み放題。
通常ストリップにあるホテルのバッフェではアルコール飲料は別料金。しかし、ここM Resortではランチ・ディナー共にビールとワインも食べ物同様、既に料金に含まれており飲み放題。
時間制限が設けられているわけでもなく、ゆっくりとお酒を飲みながら食事をする事も可能だ。
しかし、週末になると2時間以上の行列が出来るなど、繁盛店ならではの混雑状況なので時間をずらして行く事をお勧めする。

 車のない観光客でもラスベガス・ストリップのファッションショー・モールからバスが出ているのでバッフェを味わいにM Resortに訪れて見るのも一つの楽しみかもしれない。


店名: Studio B Buffet
スタジオ・B・バッフェ
ホテル: M Resort Hotel
エム・リゾート
住所: 12300 LAS VEGAS BLVD S,
HENDERSON, NEVADA 89044
場所: 1階カジノフロアー
Tel: (702)797-1000
営業時間: 朝食:月曜-金曜7am-10:30am
ランチ:月曜-金曜10:30am-2:30pm
ディナー:月曜-木曜4pm-9pm
シーフードブランチ:土曜-日曜9am-2:30pm
シーフードディナー:金曜4pm-10pm
土曜-日曜2:30pm-10pm
料金: 朝食:$9.99($6.99)
ランチ:$14.99(10.99)
ディナー:$22.99(16.99)
シーフードブランチ:$31.99($24.99)
シーフードディナー:$31.99($24.99)
※()内は子供料金
(5歳~8歳)
品数: ★★★★★
味: ★★★★
金額: $$$
雰囲気: ★★★★
総合点: ★★★★★
(評価は5つ★満点)
コメント: ラスベガスNo1の呼び声高し


Printer Mail
Array

The Buffet/ザ・バッフェ  (アリア)

明るく上品なアリアホテルのバフェ

The Buffet/ザ・バッフェ  (アリア)

明るく上品なアリアホテルのバフェ

  ラスベガスで今最も注目を浴びているといっても過言でもないのが、シティーセンター。
 2010年になり新しくオープンした複合施設であり、その中枢を成すのがAria(アリア)ホテル。
 そして、他のホテル同様にアリアホテルにもバッフェが存在し、こちらも俄かに注目を浴びている。

 店内には窓を抜けて沢山の日光が降り注ぎ、内装も新しいホテルならではの清潔感にあふれた居心地のいい空間に仕上がっている。
 バッフェ自体は決して巨大と言うほど大きくは無いものの、充分なスペースを有しておりデザートコーナーからその他、各ジャンルの料理がキレイに並べられている。

 基本的に料理は他のバッフェと大差は無く、イタリアン、アメリカン、メキシカン、中華、和食・・・と、いった感じで並んでいる。
 日本食は数種類の寿司だけだが、握りはなくロールのみ。
 しかし、少なくても4種類はロールが用意されており、バッフェのロールとしては決して質も悪くはない。

 アリアのバッフェには幾つかのこだわりがある。陳列されている料理が冷めないよう、且つ常に新しいものを提供出来る様にとあまり大量に並べない。おかげで、混雑している週末になると常に新しい出来立てホヤホヤを味わう事が出来る。
 これらはピッツァなどにも同じ事がいえる。出来るだけその場にある釜で焼きたてを提供するようにしており、逆に忙しくなると列で並んでいる人も居るほど。
 そして写真の少し不気味な釜はナンを焼く専用の釜。
ここで焼かれたナンをその場で提供しており、数あるバッフェの中でも自家製のナンをその場で提供してくれるところは無く、インド料理(カレー)を提供しているのも珍しい。

 料理の品数は飛びぬけて多いわけではなく、ラスベガスのバッフェでは平均レベル。
 しかし、デザートを含めてそれぞれの質は高く、料金も他のバッフェに比べると決して高いわけではないので、お勧めできるバッフェの1つ。

 アリアのバッフェではランチの時間からカニが登場し、それだけでも充分だが夜になるとこのカニがなんとキング・クラブに変わる。
 キング・クラブとは日本で言うタラバガニ。
 他のカニと比べても身のいり方がしっかりとしており、将にキング・グラブ。
 写真では左手上記にあるのが、ランチタイムのカニ。その下にあるのがディーナー時のキング・クラブ。
 更に裏わざがあり、バッフェに使用されているカニは勿論冷凍なので提供された時もまだ若干冷たい時がある。カニの近くにいるキッチン側の人間にお願いすると、そのカニを蒸してくれる!
 「Hot Please!」と、でも言いながらお皿に盛ったカニを見せれば充分に通じるのでは無いだろうか。
凍ったカニと、蒸されて暖かいカニとでは味もかなり違う。

 アリアのバッフェは朝食で一度オープンしたら、そのまま夜まで営業を続けるスタイルを取っているので、ランチが終わる直前に入店するとランチの料金にてディナーを堪能できる。3時半頃の入店を目指して行くのがお勧め。
 これだけでも、8ドル程特を出来るので、朝からお腹を空かせて4時ごろにランチ兼用のディナーと言うのも決して悪くない。
 またデザートだけでもクレームブリュレや、チーズケーキ、その場ですくってくれるアイスクリームなど10種類以上があり、どれも美味しい。
 週末のランチ時、ディナー時には人気のアリアだけあり、かなり混雑が予想される。
 現在ラスベガスで旬なちょっとお得なアリアのバッフェ。



ホテル: Aria Hotel(アリア・ホテル)
場所: カジノの中にある大きなエスカレーターを上がった所(2F)
料金: 朝食:$14.95
ランチ:$19.95
週末ブランチ:$28.95
ディナー:$27.95
特別ディナー:$35.95
時間帯: 朝食:月曜-金曜7am-11am
ランチ:月曜-金曜11am-4pm
週末ブランチ:土曜-日曜7am-4pm
ディナー:日曜-木曜4pm-10pm
特別ディナー:金曜-土曜4pm-10pm
品数: ★★★
味: ★★★★
金額: $$$
雰囲気: ★★★★
総合点: ★★★★
(評価は5つ★満点)
コメント: 納得の質。納得の料金。


 

Printer Mail
Array

ラスベガス大自然ツアー Tours icon 一覧

グランドキャニオン・ウエストリム 飛行機ツアー $299 (スカイウォーク付き)

グランドキャニオン・ウエストリム 飛行機ツアー $299 (スカイウォーク付き)

最安値!!
スカイウォークの入場料も込み!!

ラスベガス発の飛行機で行くグランドキャニオン・ウエストリムの日帰りツアー! ラスベガスの各ホテルから送迎付き。飛行機での半日ツアーなので夜の食事やショーの予定も問題なし!

続きを読む
チップ

チップ

日本人には馴染みの無いチップのシステム

続きを読む
Scenic航空で行くグランドキャニオン日帰り飛行機ツアー $335

Scenic航空で行くグランドキャニオン日帰り飛行機ツアー $335

最安値 $335!!
日本語だから安心!!
ラスベガスより飛行機(Scenic航空)で行く日帰りグランドキャニオン国立公園ツアー。

 
続きを読む

ラスベガス市内観光ツアー Attractions icon 一覧

Coach Factory Store/コーチ・ファクトリーストアー

Coach Factory Store/コーチ・ファクトリーストアー

高品質且つお洒落なデザインで人気のCoach/コーチが手ごろな値段で購入出来るアウトレットストアー

続きを読む
イルミネーションツアー $80

イルミネーションツアー $80

最安値!!
全て日本語だから安心!!
世界でも有数なラスベガスの夜景を短時間で効率よくご案内させて頂く、人気NO:1の市内ツアー。

 
続きを読む
ナイトクラブVIP予約 (Aランク)

ナイトクラブVIP予約 (Aランク)

ラスベガスのクラブに興味があるけど不安と、行きたいけどちょっと勇気が出ない・・・そんな時は弊社がサポートします。
弊社のクラブパックなら担当者がご案内いたしますので安心で、初めてのクラブでもV.I.P待遇です。
この機会にラスベガスのクラブを体験してみませんか?
こちらのプランではラスベガスでもトップクラスのクラブへのVIP予約を承ります。

結婚式の2次会パーティーや会社の仲間たちとの楽しいパーティーなどにもご利用いただけます。

続きを読む

ラスベガス情報 Guide icon 一覧

DSW/デザイナーズ・シュー・ウェアハウス ラスベガス店

DSW/デザイナーズ・シュー・ウェアハウス ラスベガス店

GucciやUGGなどのブランド品も安く取り揃えている靴のディスカウントショップ DSW/デザイナー・シュー・ウェアハウス

続きを読む
Chipotle/チポレ  ラスベガス店

Chipotle/チポレ  ラスベガス店

 シンプル&ヘルシーなメニューで人気上昇中のメキシコ料理のファストフード・レストラン 「Chipotle Mexican Grill/チポレ・メキシカングリル」

続きを読む
全米で最も美しい町 セドナ

全米で最も美しい町 セドナ

トラベルライターや写真家、アウトドアファン、歴史保護活動家などへのアンケートで”全米で最も美しい町”として選ばれたアリゾナ州セドナ。

続きを読む