ラスベガスのバッフェ

ラスベガス一の規模を誇る巨大ホテルMGM Grandにあるバッフェ

 ラスベガスには世界でも有数の巨大ホテルが立ち並び、Palazzo(パラッツォ)とVenetian(ベネチアン)が同じライセンス下で運営を行っているため世界一大きなホテルの称号は持ってかれてしまったが、現在でも単独ホテルとしては世界一の規模を誇るのがMGM Grand。

 そして今回ご紹介するのはそんな大きなMGM Grandにあるバッフェ、その名もMGM Grand Buffet。正面玄関から入り広大なカジノフロアーを突き抜けると青い看板と広々としたエントランスが目を引くのでとっても分りやすく、カジノフロアの天井に設けられている矢印に沿って向かえば広いMGM Grandでも迷子になる事なくたどり着ける。また正面には大人気のライオンハビタットがあるため、いつも大勢の人で賑わっているので分りやすい。

 MGMのバッフェと言う事だけあり、店内はかなり広くラスベガスにあるバッフェのなかでも店内の広さでは1,2位を争う。店内は明るく広々としており、特別変わった装飾やインテリアが施されていないので巨大な食堂のようなイメージもあるが、清潔感がありMGM Grandとしては60年代のハリウッドをモチーフにしているらしい。広々とした店内のほぼ中央にメインとなる料理が置かれており、基本的にはオーソドックスなアメリカ料理やイタリア料理が主体になっている。その他にも日本食や中華料理も取り揃えてあるが、日本食はロールが2,3種類と野菜のてんぷらなどで、その日によって違う事もあるので一概には言えないが決して種類は多くない。またロールはかなりお米を押しているのか、お米というよりはお餅に近い食感があり日本から来られた方にはちょっと物足りない感が否めない。

 サラダや前菜などの野菜類も置いてあるが、どれもドレッシングはアメリカのヘビーな物ばかりなので、全体的に料理がずっしりと胃にくる。レストランの特徴としては肉類よりも若干魚系の料理が多く、”タラのカレーソース和え”や”Diablo Seafood Stew(悪魔のシーフードシチュー?)”なるものがMGM Grandでは人気の品。カニやカクテルシュリンプはディナーにならないと現れないのはその他のバッフェ同様だが、他のバッフェではランチでも見られるようなローストビーフもディナー時でないと見る事が出来ない。一品一品の味は決して不味くもなくラスベガスのバッフェでは妥当なラインではあるが、近年は新しくオープンしたコスモポリタンのWicked SpoonやAria、プラネットハリウッドのスパイスマーケットなどかなりハイレベルなバッフェが出現しているので金額的に考えるとそちらの方がお勧め。

 女性にとっても最も大切なデザート類も一応最低限は取り揃えられており、アイスクリームが4,5種類。ケーキ類もタルトやパンナコッタなどを含めて12,3種類は常備されている。特に美味い!といった印象もないが、アメリカのケーキにしては特別甘すぎるわけでもなく、充分楽しめる。

 前述の通り店内が広く席数もたくさん設けられているが、週末のディナー時になると外まで列が出来る事もある。並んでいる間は向かいにあるライオンハビタットで若干の時間つぶしをする事も出来るので家族連れにはお勧め。その他にもMGM Grand内で公演されているシルクドゥソレイユのKAや、デイヴィッドカッパーフィールドのマジックショーが始まる前などは一気にお客さんが食事をしにくるので、それらの時間帯は避けるのがベター。

店名: MGM Grand Buffet
MGM Grand バッフェ
ホテル: MGM Grand
エムジーエム・グランド・ラスベガス
場所: カジノフロア1階
ライオンハビタット向い
住所: 3799 Las Vegas Boulevard South
Las Vegas, Nevada 89109
Tel: (877)727-0007
営業時間: 朝食:月曜-金曜7:00am-11:00am
ランチ:月曜-金曜11:00am-2:30pm
ディナー:日曜-木曜4:30pm-10:00pm
金曜-土曜4:30pm-10:30pm
ブランチ:土曜-日曜7:00am-2:30pm
料金: 朝食:$17.25 ($11.99)
ランチ:$19.99 ($13.99)
ディナー:日曜-木曜$29.99 ($19.99)
金曜-土曜$35.99 ($19.99)
ブランチ:$24.99 ($14.99)
()内は子供料金
※2011年7月現在
品数: ★★★
味: ★★★
金額: $$$
雰囲気: ★★
総合点: ★★★
(評価は5つ★満点)
コメント: ストリップ一巨大なバッフェ

ラスベガス大自然ツアー Tours

ラスベガス市内観光ツアー Attractions

ラスベガス情報 Guide